二次診療について

二次診療について

secondary care


JAMの診療モデル

medical model

当院は基本、一次診療(かかりつけ医)で対応できない怪我や病気を抱えた患者様をご紹介のみで受け入れをしております。
患者様の状態が安定しましたら、必ずかかりつけ医の先生にお返しするということをお約束します。
※ 当院が所属するJVCC動物病院グループには他にも複数の動物病院がありますが、そちらに促すようなことはしません。

また、二次診療の場合、受け入れた翌日までに電話連絡を行うとともに、受け入れ2日以内に報告書を作成してFAXします。
撮影した画像においては、後日CD-R等でご返送いたします。二次診療の報告は要点をまとめ経過報告書提出とします。

夜間診療の場合は、翌日かかりつけ医に行くまでにFAXで報告を行います。
夜間診療はすべての記載が必要になることが多いので電子カルテをそのまま報告いたします。


3層医療による高度医療の実現

advanced medical

臨床経験10年・20年クラスの経験豊富な獣医師が常勤で診療にあたるほか、
各科の認定医や大学教授クラスの獣医師が2層・3層の獣医師として診療に携わることで、
手厚く確かな高度医療を実現します。

1層目

経験豊富な
常勤獣医師が対応

2層目

各科の認定医
スペシャリストが対応

3層目

各科大学教授クラスが対応