診察科目

診療科目

medical subject

総合診察科

原因の特定できていない疾患や診療科を限定できない症状の診断・治療を目的をしています。

軟部外科

主に腹腔内・口腔内などの幅広い範囲での外科治療を行います。

胸部外科

肺腫瘍・乳糜胸など胸腔内疾患の手術を行います。

腫瘍科

腫瘍内科(化学療法など)・外科共に診断から治療まで行います。

整形外科

TPLOなどの高難易度の外科治療から幅広い骨折治療まで対応いたします。

循環器科

犬猫共に内科治療からペースメーカー治療、心臓腫瘍などの外科治療、動物循環器病センターと共同で僧帽弁形成術も積極的に提案していきます。

消化器科

内視鏡を用いて正確な診断から治療の提案まで行なっていきます。

血液内科

組織的に構築した輸血の確保により積極的な治療を提供していきます。

眼科

眼科用顕微鏡を駆使しより繊細な外科治療を行なっていきます。

エキゾチック科

家畜・危険動物以外の数多くの種類のエキゾチック診療を積極的に行います。

腎泌尿器科

慢性腎疾患にかぎらず、急性腎疾患にも外科治療を含め積極的な治療を提供していきます。

呼吸器科

内科治療では治療困難な気管虚脱や短頭種症候群などにも積極的に外科治療を提供します。

皮膚科

投薬治療のみならず食餌療法・シャンプー療法など幅広い治療を飼い主様と一緒に行なっていきます。

脳神経科

動物診療サポートの協力のもと重積発作の管理やその他神経症状の診療・治療を行なっていきます。

画像診断科

80列のCTを駆使して無麻酔CTなどにより転移のチェックなど有益な情報を提供していきます。

猫心臓病科

診断困難な猫の心筋症や不整脈疾患などの診断・管理方法を提供いたします。

夜間救急科

19時から9時の長時間にわたり夜の急変に対応していきます。